stressed woman looking at a laptop

生産性の大敵!マルチタスクの罠

今回は主にワーカー(従業員)の方向けに、マルチタスクの罠というテーマでお送りしていきます。

ワーカー向けということですが、経営者の方にも活用いただける内容でお送りしていこうと考えておりますので、経営者の方で今回のテーマにご興味があれば、是非読み進めていただけると嬉しいです。

さて、みなさんお仕事されている中でどうしてもタスクが積み上がってしまい、あれもこれもやらないといけないという状況になった場合に、どうしても作業を同時並行で進めてしまう、いわゆるマルチタスクの状態になることは非常に多いと思います。

手元の作業ですごい忙しいにも関わらず、同僚からどうでもいい話題をふられて注意が逸れる、なんてこともよく聞く話です。

実は最近の科学の研究では、このようなマルチタスクの状態は脳へのダメージが大きいのではないかということが示唆されております。

今回はマルチタスクの弊害についてご紹介することで、是非目の前のことに集中するシングルタスク状態を目指していただきたいという趣旨の記事になります。

メールチェックするとIQが低下する

仕事中にあなたがついついやってしまうことで、集中力を阻害することって何だと思いますか? 先に結論から申し上げると「メールチェック」です。

下記の引用は『最高の脳で働く方法 Your Brain at Work』を参照しております。

ロンドン大学の研究によると、携帯電話で常にメールやメッセージを送受信していると、知能指数(IQ)が平均10ポイント低下(女性では5ポイント、男性では15ポイント低下)するという。これは睡眠不足が及ぼす影響に近い。男性の場合、その影響度は大麻吸引のほぼ3倍に相当する。 

いかがでしょう。大麻吸引はそもそもとしてやばいですが、その3倍の影響があるというのはさらにやばいですよね。
ここでは「メールチェック」という言葉で説明させていただいておりますが、要するに「常時オン」の状態で四六時中繋がっている状態は、脳が常にマルチタスクの状態になるためダメージが大きいということを示す研究になります。

マルチタスクを行うと認知能力が8歳児並みに低下する

次にこちらの研究をみてみましょう。

科学者のハロルド・パシュラーは、人が一度に2つの認知課題に取り組むと、ハーバードのMBA取得者でも認知能力が8歳児並みに低下することを明らかにした。
 これは二重課題干渉と呼ばれる現象である。ある実験の中で、バチェラーは被験者に、ライトがウィンドウの左側と右側のどちらで点灯したかを、キーパッドの2つのキーのいずれかを押して選ぶ課題を与えた。
 一方のグループはこの課題だけを繰り返し、もう一方のグループには、同時にライトの色を3色から見極めて選ばせた。右か左か、3色のいずれか、という単純な変数であるにもかかわらず、2つの課題を課せられるとキーを押すのにかかる時間は倍になり、まったく時間の節約にならなかった。 

いかがでしょう。元々人間の脳はマルチタスクで処理することが苦手なため、ひとつひとつのシングルタスクを集中して処理していくことが有効になります。
しかし、先ほど述べたとおり、携帯電話が「常時オン」の状態では、脳がマルチタスクの状態になるため、個々のシングルタスクに集中できず、注意散漫となってしまいます。
注意が逸れることの弊害はこんなところにも影響します。 

別の研究は、現代のオフィスワーカーは平均11分で集中が途切れてしまうことを明らかにした。いったん集中が途切れた後、元の作業に完全に戻るまでには25分もかかるという。 

仕事中にメールの通知に気がとられて、その中身を見てしまうだけでも、元の集中力を取り戻すのに25分もかかってしまうのです。 

最近ではチャットツールも発達し「いつでも、どこでも」連絡が取れる状態にしているところも多いかと思います。一見、常に連絡がとれる状態は素晴らしい気もしますが、上記の観点からすると、逆に生産性を阻害する可能性が出てくるかもしれません。

集中したいタイミングは通知をオフにする、また企業としても、集中タイムなどを設けて通知オフの時間を制度として整備するなど、集中できる環境づくりも必要となってくるのではないかと思います。

[参考文献]

■ デイビッド・ロック著(矢島真理子 訳)『最高の脳で働く方法 Your Brain at Work』

 ・ マルチタスクとIQ低下に関するロンドン大学の研究は、キングス・カレッジ・ロンドンの心理学者グレン・ウィルソン博士によって報告された。この研究はヒューレット・パッカードが出資したもので、論文としては正式に発表されていない。

 ・ ハロルド・バシュラーには、マルチタスク、ボトルネック、キューに関する自身の研究をまとめた論文が数多くある。その一例を次に挙げる。

  - Ferreira, V. S., and H. Pashler. “Central Bottleneck Influences on the Processing Stages of Word Production.” Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition 28, no.6(2002): 1187-99

  - Pashler, H. “Attention limitations in doing two tasks at the same time.” Current Directions in Psychologinal Science 1(1992): 44-50

  - Pashler, H., J. C. Johnston, and E. Ruthruff. “Attention and performance.” Annual Review of Psychology 52(2001): 629-51

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です